So-net無料ブログ作成
検索選択

東京湾大華火祭 -@台場 [Event]

先週の土曜日に、「東京湾大華火祭」に行って参りました。
と言っても、主会場の晴海周辺ではなく、御台場にある「アクアシティお台場」の屋上観覧席からの観覧です。

東京湾を挟んでレインボーブリッジの向こう側に花火が見えるので、若干花火が遠く感じられ、臨場感は少し半減していたのが残念ですが、
花火と同時に東京湾、レインボーブリッジ、東京タワー、東京の摩天楼と、「これぞ東京!」と思わせる風景を見ることができるのが何とも乙です。

東京湾花火大会_01.jpg

花火と言っても、様々な種類の花火があります。
打上花火、ナイアガラ、スターマイン…。

打上花火で、尺玉をいくつも同時に打ち上げると、確かに迫力は凄いですけど、花火本来の形がわからなくなりますし、風情に欠ける気がします。

個人的には、大きな花火を一発夜空高くに打ち上げるのが風流かと思います。

東京湾花火大会_02.jpg

それにしても、花火は綺麗に写真に収めるのが難しいです。
いろいろな方のブログを拝見すると、とても綺麗に撮れていて、自分でも簡単に撮れそうな気がしてしまうものですが。

東京湾花火大会_03.jpg


--------
花火は、江戸時代から日本で親しまれているそうです。
掛け声が生まれ、夏の風物詩と呼ばれる日本の伝統文化のひとつです。

数々の伝統文化が、廃れて後継者がいなくなったり、若者には親しまれなくなっている中、
平成の今でも若者が浴衣を着て花火大会に行ったり、毎年技術が進歩していたりするのは何だか不思議な気がします。
いつの時代も変わらない、普遍的な魅力があるように思います。
それは、人間が本能的に火に魅力を感じるからなのでしょうか。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 2

とみっち

東京の街と花火を同時に見れるっていいですね☆
日本の良い伝統文化は引き継がれていってほしいですよね^^
打ち上げる花火師さんの方は後継者問題は大丈夫なのかな?
by とみっち (2010-08-20 13:18) 

natsukoaiba

伝統文化の中でも、季節を感じるものは特に残っていって欲しいですね。
でないと、季節が変わる楽しみが減ってしまいますから。

ネットの情報ですが、
花火師を志す若者は後を絶たず、極めて狭き門だそうです。
なので、後継者は心配いらないかと思います♪
by natsukoaiba (2010-08-20 22:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。